メール送信後にエラーコードを受け取りましたか? SMTPエラーコードを理解する

電子メールを送信した後、SMTPエラーコードとともにシステムメッセージがメールリストビューに表示される場合があります。 SMTPエラーコードは、プロバイダーから送信された(そしてBlueMailによって表示された)エラーコードであり、プロバイダーが電子メールの送信要求を拒否した理由を知ることができます。

メールアカウントを再認証する必要があるため(パスワードを更新するだけ)、プロバイダーがメールを送信できない場合があります。プロバイダーサーバーが一時的に利用できないことが原因である場合もありますが、他にもいくつかの理由が考えられます。上手。

以下は、一般的なエラーコードとそれらが発生する理由のリストです。

一般的なエラーコード

  • 421 –サービスは利用できず、接続は閉じられます。
  • 450 –ユーザーのメールボックスが利用できなかったため(たとえば、ロックされていたため)、要求されたコマンドは失敗しました。あとでもう一度試してみてください。
  • 451 –プロバイダーからのサーバーエラーのため、コマンドが中止されました。あなたのせいではありません。
  • 452 –プロバイダーサーバーのシステムストレージが不十分なため、コマンドが中止されました。
  • 454 –認証に失敗しました。メールを送信する前に、メールシステムを認証する必要があります(BlueMail以内にパスワードを更新してみてください)
  • 501 –コマンド引数で構文エラーが発生しました。
  • 503 –サーバーでコマンドのシーケンスが正しくありません。
  • 504 –コマンドパラメータが実装されていません。
  • 521 –サーバーへの接続が拒否されました。このドメインはメールを受け付けません。プロバイダーサーバーがダウンしている可能性もあります。
  • 530 –認証が必要です。メールを送信する前にメールアカウントを認証する必要があります(BlueMail以内にパスワードを更新してみてください)
  • 535 –認証に失敗しました。メールを送信する前にメールアカウントを認証する必要があります(BlueMail以内にパスワードを更新してみてください)
  • 550 –ユーザーのメールボックスが利用できなかったため(たとえば、メールボックスが見つからなかったため、またはポリシー上の理由でコマンドが拒否されたため)、要求されたコマンドは失敗しました。
  • 551 –受信者はサーバーに対してローカルではありません。次に、サーバーは試行する転送アドレスを提供します。
  • 552 –ストレージ割り当てを超えたため、アクションは中止されました。
  • 553 –メールボックス名が無効なため、コマンドが中止されました。
  • 554 –受信者ドメインからの拒否。意味「許可されていません」。 「SentFrom」または「SendTo」ヘッダーのアドレスは、送信権限が不十分であるか、無効であるか、使用されている認証で承認されていないようです。受信者のアドレスを確認してください。

    あなたはここでより広範なリストを見ることができます。

参照してください