メール送信後にエラーコードを受信しましたか? SMTPエラーコードの理解

電子メールを送信した後、SMTPエラーコードを使用してメールリストビューにシステムメッセージが表示されることがあります。 SMTPエラーコードは、プロバイダーから送信されたエラーコードで、BlueMailによって表示されます。これは、プロバイダーが電子メールの送信要求を拒否した理由を示します。

場合によっては、電子メールアカウントを再認証する必要があるため(単にパスワードを更新する必要があるため)、プロバイダを一時的に利用できないことがあるため、プロバイダが電子メールを送信できない場合があります。よく

以下は、一般的なエラーコードのリストとその理由を示したものです。

一般的なエラーコード

  • 421 - サービスは利用できず、接続は終了します。

  • 450 - ユーザーのメールボックスが利用できなかったため(たとえば、ロックされたため)、要求されたコマンドが失敗しました。あとでもう一度試してみてください。

  • 451 - プロバイダーのサーバーエラーのため、コマンドが中止されました。あなたのせいではありません。

  • 452 - プロバイダサーバーのシステムストレージが不十分なため、コマンドが中止されました。

  • 454 - 認証に失敗しました。あなたの電子メールシステムは、メールを送信する前に認証する必要があります(BlueMail内のパスワードの更新を試みます)

  • 501 - コマンド引数に構文エラーが発生しました。

  • 503 - サーバーが不正な一連のコマンドを検出しました。

  • 504 - コマンドパラメータは実装されていません。

  • 521 - サーバーへの接続が拒否されました。このドメインはメールを受け入れません。また、プロバイダーサーバーがダウンしている可能性もあります。

  • 530 - 認証が必要です。メールを送信する前に電子メールアカウントを認証する必要があります(BlueMail内のパスワードの更新を試みます)

  • 535 - 認証に失敗しました。メールを送信する前に電子メールアカウントを認証する必要があります(BlueMail内のパスワードの更新を試みます)

  • 550 - 要求されたコマンドは、ユーザーのメールボックスが使用できなかったために失敗しました(たとえば、見つからなかったか、またはポリシーの理由で拒否されたなど)。

  • 551 - 受信者がサーバーに対してローカルではありません。その後、サーバーは転送しようとする転送先アドレスを指定します。

  • 552 - ストレージ割り当ての超過により処理が中止されました。

  • 553 - メールボックス名が無効なため、コマンドが中止されました。

  • 554 - 受信者ドメインからの拒否。手段は許されない。 「送信元」または「送信先」ヘッダーのアドレスは、送信権が不十分であるか、無効であるか、使用された認証で承認されていません。受信者アドレスを確認してください。

    より広範なリストがここにあります。

    参照してください